保険適用対象

植物性プラセンタとはどのようなもの

プラセンタ(英:placenta)というのは胎盤のことで、胎児を育てる際の母体の部位のことを言います。
通常は、人間をはじめ豚や馬、牛や羊など哺乳類の胎盤のことと考えていますが、英語では、植物の「胎座」のことも「胎盤」同じ表現で「プラセンタ」といいます。
植物の胎座は、哺乳類の胎盤と同じような重要な働きを担っています。

胎盤が胎児の育成をつかさどるのと同じように、胎座では、種子の育成をつかさどります。
種子の生育過程で養分が集中する植物の重要な部位なのです。
近年、動物由来のプラセンタが美容・健康に高い効果があるとして人気を集めています。

しかしながら、豚や牛等のプラセンタには、BSEやコレラといった病原の問題や残留ホルモンが懸念されます。
そうした問題を解決させたのが、植物性プラセンタといえるでしょう。
動物性プラセンタは、各種栄養分の他に特別な成分である「成長因子」を含んでいますが、植物性プラセンタにはこれが含まれていないことが多いといわれます(アセロラの胚から抽出した水溶液では、生物学的な意味での成長因子が、牛のプラセンタを上回るとの報告があります)。
植物性プラセンタでも各種栄養分による美肌や美白効果を得ることはできますが、「成長因子」による効果が期待できないことから、効果は動物性プラセンタに劣ると言われています。
植物性プラセンタについてこちらにさらに詳しくかいてありますのでご覧ください。

このページの先頭へ